読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一路平安

道中ご無事で-よい旅を-ボンボヤージュ

BIを知りたくて読んでみました。データサイエンス超入門

仕事でビジネスインテリジェンスに関わることになりました。とは言ってもデータを分析するわけではなく、ツール導入の検討ですが。

そもそもビジネスインテリジェンス(BI)とは何なのかよく知らなかったので勉強してみることにしました。

 

「BI」というと「統計学」というイメージが私の中にあったので、まずはこの本を読んでみました。

 

データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方

データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方

 

「データサイエンス超入門」

前半は様々な事例が挙げられていて面白かったのですが、途中で統計学の勉強になった時点から私の頭がついていけず苦しかったです。
この本で心に残った部分が2つあります。

 

1つ目は「一専多能の優位性」というコラム。
1芸だけでは市場価値がない。1芸に秀でていながら次々に能力を獲得していく必要があるという内容。その中でも「英語はできて当たり前」という部分。英語が今のところ話せない私は、最近、英語が飛び交う環境にいます。そこで思ったことがまさに「英語はできて当たり前」。何かの啓示か?

2つ目は例として挙げられていた転職の条件。条件として複数企業のそれぞれの年収が例として挙げらているのですが、例にするには高い! 著者の年収の高さがうかがえた部分でしたね。