読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一路平安

道中ご無事で-よい旅を-ボンボヤージュ

いい歳して、今更ながら好きなことをやると決めた

つぶやき

最近思うことがあります。
私は、自分が好きなことをやってきたと思っているけど、実はそうではなかったのではないかなぁと。

例えば、中学生の頃、「X」「BUCK-TICK」「ジュンスカ」「ユニコーン」が好きで毎日聴いていました。
その後、高校に入って↑の曲が好きだという話をすると「ダサい」とバッサリ切られたのです。周りはみんな洋楽(特にビートルズとかピストルズとか)を聞いていて、邦楽を聞いていた私は全然話についていけませんでした。(「ユニコーン」は人気でしたけど)だから頑張って洋楽聞いたりしたものです。
好きを封印して。。

 

これはほんの一例ですが、本当に自分が好きなものではなく、「周りがこうだからこうした」ということばかりだったんです。

まぁ、きっかけはどうであれ、やってみたことが心の底から「楽しい・好き」と思えればそれでOKなのですが、そうはならないことばかりだったんですね。

 

だから、いい歳をした大人が、

・周りとは一線を画すようなファッションをしていたり
・趣味に対してものすごい額を投資していたり
・ある分野に関して強烈なオタクだったり
・私が中学生の頃に聴いていたバンドのコンサートで気持ちよさそうにノッていたり


そんな大人をみると羨ましい。


私の息子はゲームが大好き。いいではないか。おおいにけっこう。好きなことを思う存分やりなさい。

たとえ「ゲームなんてダセー」なんて言われても、好きだったらとことんやればいい。
ただ、ゲームばかりの引きこもり状態にならない程度でお願いします。

 

私もいい歳になりました。
これからは、興味をもったことは周りから何を言われようとも関わっていこう。今更ながらそう決めました。

 

今、私が一番好きなこと。
それは家族と一緒にいること。
家でダラダラしたり、遊びに行ったり、ごはん食べにいったり。
傍からみたら全然面白味がないかもしれませんが、今の私にとってはそれが一番幸せ。
ああ、幸せ。